ミネラルウォーターの問題点とは?!

安全でおいしい水を飲みたい!という人間の素直な欲求を背景に利用者が急増しているのが、ペットボトルに入ったミネラルウォーターです。

では、このミネラルウォーターの問題点とは何でしょうか?


コストが高い

水を買う時代が来るとは10数年前では考えられなかったことではないでしょうか。例えば、

水道水は1リットル:約0.1円
ミネラルウォーターは1リットル:約150円

です。ミネラルウォーターの利用者はなんと1500倍も高い水を飲んでいるのです。


環境問題

もし日本国民全員が毎日1本のミネラルウォーターを利用したら、どうなりますか?
ペットボトルが毎日1億2,000万本もゴミとなっていきます。
また、輸送による大気汚染、資源の乱獲、焼却処理の問題等、決して環境保護のために良いことではありません


加熱殺菌

国内のミネラルウォーターの多くが法律上、加熱殺菌が義務付けられています。
簡単に説明すると、沸騰させて冷ました「湯冷ましの水」を購入して飲んでいます。
おいしい水の条件である”酸素、二酸化炭素が程よく含まれている”の観点から見ると、 「湯冷ましの水」はおいしくないのです。
また健康のためにも生きた水が一番です。


 浄水器の問題点とは??

サブコンテンツ

このページの先頭へ